病棟保育士として働く

病院で勤務する保育士を目指したい人は、病棟保育士に応募してみるとよいです。
病棟保育士は、病院で勤務していく形の保育士となっていて、病気を持って入院している子供たちのお世話を行っていくことになります。
世の中には、元気な子供以外に病気を持ちながら頑張っている子供たちも多く存在しています。病気を持っている子供は、病院の中で毎日決まりきった生活を行っていますが、病棟保育士になることで子供たちと一緒に遊んだり情操教育を行っていくことができるのです。
長く入院している子供たちと接していく時には、体の状態を注意深く確認していく必要があります。その意味でも病棟保育士の仕事は、ある程度医療的な知識を持っている方の方が、安心して働くことができるでしょう。医療知識を持っていることで、体調の変化があった時にすぐに気が付くことができたり、体調ごとに合った遊びを行っていくことができるのです。
また、ある程度経験を積んでいる保育士の方であれば、病気と闘っている子供たちに必要以上に気を使うことなく接していくことも可能になってきます。
一般的な保育所で勤務するだけではなく、病気を持っている子供をサポートしたいときには、病棟保育士として働いてみるとよいです。

保育士が仕事で抱えている苦労

保育士はなんとなく仕事が大変そうというイメージが多くの方が持っているのではないでしょうか?
ただ、保育士の方が抱えている苦労というのは、子供を相手にして仕事が大変といった部分よりも、別なところにある場合もあります。
それはどうしても女性中心の世界なので、男性のみの世界と比べると、特定の派閥というか、グループができやすいとされています。
つまり、そういったグループに所属できない、上手く同僚と関係を築けないと非常にやりづらい現場も多いのです。
同僚だけではなく、上司とも上手くやっていかないといけないので、精神的な苦労は多いとされています。
人間関係というのが、保育士における1番の悩みの種になることも多いくらいで、
労働時間もそれなりに長いので、肉体的な苦労もかなりありますが、保育園によってはやはりこちらの精神的な苦労の方が大きいことも珍しくないでしょう。
保育士という仕事は離職率がそこそこ高いのですが、その一因に人間関係に悩んでいるという部分は無視できないと思いますし、理由としては割と大きな部分を占めていると思うのです。
全ての保育園がそういう状況になっているとは言えないものの、普通の会社とかと比べたらその傾向は強いのではないか?と思います。

保育士としてまた働きたいです

保育士として働いていたことがあります。結婚をきっかけに辞めたのですが、子供が少し大きくなったらまた保育士として働きたいと思っています。働いていた時はすごく大変で辛いので、もう辞めたいなぁと毎日思ったものですが、実際に辞めてみるとあの日々がとても懐かしく、子供を産んだら子供一人の世話がとても大変で、何故か保育士の仕事のほうが楽だったかもしれないと思いました。

子どもの世話ってすごく大変と思いながらも、その手のかかる子が昨日できなかったことを今日はできていたりすると、この仕事をしていて本当に良かったと感動するんですよね。他の保育士も同じように言います。子供の成長って本当に素晴らしいですし、子供を産む前に、人様のお子さんですが、このような成長を見ることができて保育士の仕事って素晴らしいなぁと思いました。

保育士の仕事をしながら、自分も子供と一緒に成長しているんです。保育士として働いていた時は余裕がなくてそんなこと思わなかったのですが、子育てをしている今、保育士の仕事をしたことが良い経験になり、いかされているとハっと気付くことがあります。絶対にまた保育士として働いて、たくさんの子供の成長の手助けをしたいと思います。

東京、神奈川、横浜で給料の高い求人を探すには・・・

保育士がいくらぐらい給料をもらっているのか、気になる人も多いと思います。正社員として働いているか、それとも非正規として雇われているかで変わってきますが、これは他の多くの仕事と同じでしょうね。
保育士として働く時に大きな違いは、勤め先が公立保育園なのか、私立保育園なのかということです。公立保育園では、試験を突破して採用されるという流れなので、公務員と同じです。私立保育園の採用方法には、特にこれといった決まりはないです。
この二つの保育園ですが、給料にも差が出てくるようです。平均年収では、公立で働いた方が給料がよく、私立で働いている場合は、公立よりも給料が低い傾向にあります。もしも男性で保育士になる場合、安定した生活を送るためには、公立の保育園に採用されることが大切です。低い給料で、家族を養うことが難しくなって、離職してしまう男性保育士も、中にはいるようです。せっかく夢を叶えて、保育士の仕事に就いたにもかかわらず、収入を理由に辞めるのでは、もったいないです。
保育園には、公立と私立という二つの大きな区分がある、ということを覚えておきましょう。安定した給料を得たいなら、公立保育園で仕事をしたいところです。
そこで、もしあなたが、東京、神奈川、横浜の保育園で働きたいのでしたら、こちらの保育士専門の求人サイトなどを利用すれば、給料の高い保育園を紹介してくれるかもしれませんよ。
東京・神奈川・横浜の保育士求人が500件以上!

保育士の重要な3つの仕事

保育士といえば子育ての要とも言える存在ですが、皆さんは保育士の具体的な仕事内容をご存知でしょうか。
これからそれを皆さんにご紹介します。

まず保育士のもっとも大切な仕事は、園児たちに基本的な生活習慣を身に付けさせることです。
それは食事や睡眠、着替えなどですが、学校という社会に出る前にこうした習慣を園児に身に付けさせるのが何よりも重要な仕事なのです。

次に大切な仕事は、園児たちと色々な遊びをし、それを通して社会性やコミュニケーション能力を育むことです。
現在の日本社会でもっとも重要な能力がコミュニケーション能力ですが、これは一朝一夕で伸ばすことが出来ません。
小さい頃からこつこつと伸ばしていって初めて実戦(社会)で使う事が出来ます。
それを伸ばす最初の人が親であり保育士なのです。

それだけでなく保育士は、子育てのプロとして園児の親にさまざまなアドバイスやサポートを提供します。
昔は子育てのプロがあちこちにあふれていましたが、現代はよく子育ての分からない核家族が悪戦苦闘しながら子供を育てる事が多いです。
それでは色々と問題が生じることも多いので、その問題、隙間をうまくサポートするのも保育士の大切な仕事なのです。
他にも仕事は色々とありますが、主にこの3つが保育士の仕事となります。

ママ友が保育士として復帰

最近、ママ友が保育士として復帰しました。自分の子供の世話で精一杯と言っていたのですが、だんだん子供の世話もしなくても良いようになり、やっぱり小さい子のお世話をしたいということで、保育士として復帰したようです。最近三人目を妊娠したので、保育園に預けて働く予定です。本当は専業主婦で、上の子たちと同じように私が子供の面倒を見たかったのですが、やっぱり子供が三人ですとお金がかかりますし、稼がないといけないです。

ママ友が復帰した保育園の評判が良いので、そこに入れたいのですが、どうなるか不安ですね。保育園がいっぱいで預かってもらえない状態かもしれません。働きたい女性にとって、預ける保育園がないと本当に大変なことです。少子化になるのも無理はないかなと思います。保育園に預けることは、子供がかわいそうだと思ったこともありますが、今は考え方がかわりました。

保育園に預けたら集団生活のなかで社会性を養うことができますし、心身の健やかな発達を期待できると思うんです。家で母親とずっと過ごすよりも、たくさんの子供に刺激を受けて、保育士さんからしっかりと身の回りのことができるように教えてもらえるって、良いことだと思うんです。

辛かったのは保育よりも大人の人間関係

「保育士をしていて辛かったことは?」と聞かれましたら、やっぱり上げてしまうのは「人間関係」ですね。園児の保育や園児同士のケンカの仲裁や、運動会やお遊戯会といった行事のお手伝いなんかは、ハッキリ言って辛かった思い出はとくにないのですよ。辛いというよりも、むしろ「大変だったなー」といたような、苦労したけれど楽しかった的な意味合いも含めた感想でしょうか。

しかし「辛かった」と言われれば、保育士同士の人間関係や保護者とのお付き合いといったような「大人との人間関係」となりますね…。ですから、保育士さんの多くは「仕事は好きなんだけどね、仕事は…」的な感想を言う人が多いと思いますよ。私以外の保育士さんもきっと。

だいたい保護者に役員をお願いすることひとつでも気を遣いますからね。あからさまにイヤ~な態度をとってくる保護者もいますし、それに保護者同士のトラブルの処理もしなくてはならないときもありましたからね。「誰々さんが私のことをこういう風に悪く言ったんです。先生からなにか言ってもらえませんか?酷いですよね」といったように。

もうね、これら大人の人間関係のいざこざで精神がもっていかれますよ。ですからもう人間関係がスムーズな園は労働時間が多くっても、ちっとも辛いと思わなかったりしますね。

保育士として働く目的の決め方

保育士は子供が好きな人にはあこがれの仕事ですが、お互いの意思疎通ができるように積極的にコミュニケーションを取ることが求められます。子供を保育する時は責任を持って仕事に取り組むことが求められ、子供だけではなく保護者との信頼関係を強化できるように心がけることが大事です。
保育士になるために必要なことは資格を取るために必要な知識を学ぶことで、今後の人生に役立てるように計画を立てる必要があります。自分に適した職場を探す時は求人情報の内容を確かめて今後の目的を決め、今後の人生に役立てるように目的を考えて選ぶ方法が最適です。
最近は少子高齢化が進んでいるため子供を正しく保育して今後の社会に貢献できるようにすることが求められ、人との接し方や付き合うための常識などを教えることが必要です。保育士の仕事は職場によって内容が違うため求人の情報を確かめて決め、志望動機や今後の目標を明確に考える必要があります。
保育士として働く目的の決め方は子供の今後の人生に貢献できるように考え、仕事にやりがいを感じて働けるように心がけることが大事です。保育をする時は言葉を交わしながら相手の考え方を理解し、人との接し方のコツなどを教えると子供の今後の人生に貢献できます。